幼児教育をするための心得

  • 赤ちゃんが泣くのはコミュニケーションの一つ

    • 特に初めての子育ての時は赤ちゃんの泣き声に右往左往させられて疲弊してしまうご両親も多いものです。泣かれるという事はとても気になるものです。



      場合によっては祖父母や近所の人からお叱りが来ることもあります。


      夜間であっても断続的に泣くこともあり、そのような状況が続くと疲弊し、産後うつなどにつながってしまう事もあります。

      基本的に体調面の異変やおむつ、ミルクなどの明らかな原因があれば対応が必要です。
      考えられることを一通り試してみましょう。



      意外と多いのが暑さや寒さが原因となっているというケースです。


      赤ちゃんは自分で調節ができないので、大人が気を付けて環境を整えてあげましょう。



      赤ちゃんは大人のように言葉を発することが出来ません。
      そのため、何かがあった時にコミュニケーションをとろうとするとまず泣くという方法しかないのです。


      大人のように悲しくて泣くというわけでないことも多いので、それほど悲観的にならなくてもよいでしょう。
      ある程度成長するとつまらなくなった時などにぐずることも増えてきますので、コミュニケーションの一環としてとらえてみましょう。泣くことを過度に気にすることはありませんが、やはり親子として交流をしていくならば言葉と同様にとらえることで対応してあげたいものです。泣き声に追い詰められるのではなく、何か異変がないかどうかを確認し、何で泣いているのかな、と声をかけてあげるなどして対応していくようにしたいものです。

top